おせち料理の豆知識や作り方の紹介とおせちの予約

スポンサードリンク

壱の重・弐の重・参の重


壱の重には、お屠蘇をいただくための祝い肴を詰めます。
蒲鉾、黒豆、田作りなどは、祝い肴のルーツともいえるおせちです。
甘味の伊達巻、栗きんとんなどを詰めるようになったのは、お正月くらいは甘いもので贅沢な気分を味わいたいという心からだそうです。
料理の数は、5種、7種、9種(仏教で陽数とされる奇数詰め)が祝いの心を表します。



壱の重が「口取り」といわれるのに対して、弐の重は「口代わり」といわれ、酢の物を詰めるのが正式です。
時を経て、焼きものなども詰めるようになりました。



参の重は煮物重です。
やや儀式色を帯びた壱の重や弐の重と比べ、うれしいメイン料理だったようです。
そもそもおせちとは、季節の野菜の煮しめがその始まりとも言われています。