おせち料理の豆知識や作り方の紹介とおせちの予約

スポンサードリンク

6寸三段重 溜花丸蒔絵


【重箱】6寸三段重 溜花丸蒔絵 仕切り付



お客様のご要望「5.5寸の溜重より大きめで、絵もついているものがほしい。」の声から生まれました。
花丸の蒔絵は、橋本一弘がひとつひとつ丁寧に描きました。

【いろいろな使い方】

お正月のおせち料理は、もちろんですが、仕切りは取り外しができますから、普段の食卓では、大皿や大鉢の代わりにお使いいただいても、素敵なテーブルコーディネートになりますね。
また、お花見やちょっとピクニック、運動会などでもお使いいただけるとちょっと和風を味わえますね。

三段重 扇面


三段重 扇面



漆器を代表する技法の一つが
「 蒔絵(まきえ)」 と呼ばれる表現方法。

丁寧に漆で絵を描き、そこに金粉などを蒔くことにより
立体的な表現が可能となります。
(漆を接着剤として使用することになります)

こちらでご紹介の 「 扇面蒔絵(せんめんまきえ 」は、
末広がりで縁起の良い「 扇 」の中に、
お目出度な「 松竹梅 」を描いた、
伝統的な意匠となります。

絵柄を詰め込んだ派手な仕上げよりは、
程よい「 品の良さ 」を意識した絵柄です。

なお、背景の波絵は、流れる水をイメージしたもので、
川で優雅に流れる「 扇 」を見立てたものとなります。

落ち着きある古典美で、
新年をお迎え下さい。