おせち料理の豆知識や作り方の紹介とおせちの予約

スポンサードリンク

おせち料理とは・・・


御節料理(おせちりょうり)とは、正月に食べるお祝いの料理(献立)である。
御節とは本来、暦上の節目(節句)のことを指し、その際に食べる祝い膳を御節料理と呼んでいた。
現在では、正月料理のみを指す言葉として使われる。
ただ、昔から山に帰った田の神を呼び戻すために振る舞われた正月のお節は重要な行事とされていた。

御節料理の基本は、お屠蘇、祝い肴三種(三つ肴)、雑煮、煮しめである。めでたさを重ねるという意味で縁起をかつぎ、料理は重箱に詰めて重ねて出される。
同様の意味合いから、雑煮もおかわりをするのが良いとされている。
一般的には献立すべてを指すのではなく、重箱詰めされた料理のみを御節料理という。
火の神である荒神を怒らせないために正月に火を使わないという平安後期からの風習のため、日持ちする物が多い。
ただ、これには女性を正月位は休ませるという意味合いもある。

地方により重の中身は大きく異なる。


                   出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』